おいしすぎる街 高知③ 隠れ家小料理店で絶品ランチ

さて今回は、車なしで楽しむ高知一人旅のモデルコースに出てきた飲食店を見ていきたいと思います。

車なしで楽しむ高知一人旅のモデルコースはこちら

車がなくても楽しめる高知一人旅!ほとんど徒歩!

行ったお店にハズレはなく、どのお店も最高においしかったです。私は甘い醤油が苦手ですが、どのお店の醤油もしっかりしょっぱかったです。(笑)

好みはあると思いますが、しっかりした味で、酒のアテにぴったりな高知フードです。

土佐の匠魚を全国へ 匠の魚商オンラインショップ

sponsored link

食通に教えてもらった名店は人気過ぎて入れない

高知に行く前日。私は行きつけの地元の飲み屋さんで飲んでいました。そこで居合わせた常連さんに高知に行くことを告げると、それならば、と教えてくれた名店がありました。それが「どんこ」です。地元の食材を使ったおいしい料理を出してくれる、飲むのにぴったりな小料理屋さんとのこと。

この常連さんはかなりの食通で、この方に勧めてもらったお店は必ず名店なので、「絶対行きます!」とウキウキです。すると、「細い路地を入らないと見つけられないから迷うかもしれない。気を付けてね」とのことでした。

食べログでチェックしてみるとかなりの人気店の様子。とはいえ、平日だし開店の17:30に一人で行けば入れるだろうと高をくくって、予約もせずにお店に直接向かいました。しかし、夜は予約でいっぱい、とのこと。明日の夜はどうですか!?とすがってみたところ、明日も予約でいっぱい・・。(ほかのお客さんとのお話に耳を傾けているとその翌日も、翌々日も満席とのことでした。)「夜遅くなって空席が出れば入れるかも」というご案内はいただきましたが、楽しみにしていただけにショックも大きい。人気店に予約もせず入ろうとした自分の甘さよ。

sponsored link

蓮池町通から細い路地に入ると現れる素敵な店構え

あきらめきれない、「どんこ」。調べてみると、ランチ営業をしている様子。11:30~売り切れ御免スタイルです。

ということで、翌日のランチタイムに再訪しました。

お店の場所は分かりにくい、と言われていましたが、通り過ぎさえしなければ全然問題ありません。蓮池町通り面したところにお店の入り口があります。

細い路地を進んでいきます。

この写真を左折したところにある古民家風のお店です。なんと素敵な店構え。ナチュラルに本がたくさん置いてあったりして、誰かのおうちにおじゃまするような、そんな気持ちになります。

sponsored link

どんこ 絶品ランチ、さらには最高のコスパ!

入口にその日のランチメニューが掲げられています。ちなみにこれ、この中のどれかを選ぶのではなく、全部セットです!!!!!すごすぎ!

「お昼の用意ができました」という一文がたまらないです。到着したのが11:40くらいですが、無事入れました。まだ並んでいませんでしたが、この時間でもほぼ満席ですぐに列ができていましたので、お昼も急いで行ったほうがいいですね。どれだけ人気なんだ!

席に着くと間もなく、どんどん小皿料理などが運ばれ、机が華やいでいきます。お刺身も食べたいけどお肉も食べたい派、そしてスープも飲みたい派のパド子のテンションが上がります。というか、これで800円だなんて、コスパ良すぎます。近所にあったら確実に通います。

どんこランチの全貌

たたかないカツオ。刺身です。おいしい。

これは、ビールもいきたい・・・。ただ、お店も混雑しており、なんとなく切り出せず、お昼にお酒の提供があるかは不明です。

周りを見渡すと、地元の方が沢山来ているように見受けました。地元の人に愛されているお店なんだと思います。

お店も雰囲気があって、本当においしいお料理がいただけるお店でした。次回は高知に来ることが決まった時点で夜の席の予約をしよう、と心に誓いました。

来た路地を抜けて帰ります。ランチ全体がひとつの体験になるような、豊かな時間をいただきました。

この路地が体験の一つだと思います

 



sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です