アップワーク(Upwork)の審査に落ちてしまった話

昨日、Upwork(アップワーク)に登録した記事をアップしたのですが・・・。

【Upwork編】海外のクラウドソーシングサービスに登録してみた

ものの見事に審査に落ちてしまったので、まとめておきます。(泣)

sponsored link

Upwork(アップワーク)から審査が通らなかったというメールが届く

Upworkに登録をしたのが、昨日の昼の12:30頃。「これから審査します。24時間以内に回答します。」という状況でした。

そして翌日朝6:30頃、Upworkからメールが届きました。

普通に「登録できました~」という内容だと思ったら、なんと!不合格通知だったのです。

結構がんばって登録作業をしたつもりだったので、ショックでした。こんなことがあるのか・・・!!!

日本のクラウドソーシングサービスでは経験のないことでした。

sponsored link

Upwork不合格 理由を検討するが、少し疑念も残る

メールには、「君の能力のせいじゃないよ、毎日1万人以上申請があってさ、狭き門なんだよね」的なことが書いてあります。

いや、落ちたのだから理由が知りたい!

調べたサイト情報をメモしておきます。

Application to Join Upwork Declined

How to get your Upwork profile approved (even if you’ve been rejected 10 times)

でもね、少し納得もいかないのです。

プロフィールの入力度は100%になっているし、上記の攻略サイトに記述のある「フリーアドレスじゃないほうが好まれる」という点もクリアしている。。

一度登録してから、あとで詳細に入力したことがいけなかったのかな。登録した時点で「審査に入るよ」って表示が出たし・・・。

登録したタイミングの情報で審査だったのかな。

と、思ったのです。だとすると、確かに不十分。

sponsored link

Upwork 更新せずに再申請をしてみる

ということで、どのタイミングの情報で審査が行われているのかという疑念を、情報としてクリアにしたかったので、何も更新せずに再申請してみました。

再申請のボタンを押すと、「更新してね」と出てきますが、「Resubmit」ボタンを押せば、強制的に再申請ができました。

さて、どうなることか。

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です